中に入れる具は何でもOK! ピザまんとかも美味しいんじゃない?

スパイシーシュリンプ

辛いもの好きなら豆板醤とケイジャンをもっと入れて!

<作り方>

@鯛の切り身は骨がある場合は抜き、酒を振り、塩コショウして10分ほど置きます。

Aたまねぎはスライスしておきます。

Bバナナの葉は適当な大きさに切り、火であぶります。
★ここがポイントです!
バナナの葉は繊維質が固いのでそのまま巻くと破けてしまいます。しかし火で
あぶることにより柔らかくなり殺菌の役目もはたしてくれます。

Cバナナの葉の中央にスライスしたタマネギをのせ、その上に鯛をのせて葉で
包みます。蒸し器に入れて約15分蒸します。

Dサルサを作ります。全ての材料をみじん切りにして調味料と混ぜるだけ!
ただし、作ってすぐは美味しくないので最低食べたい前日には作りましょう〜

E皿に葉のまま盛り付け、鯛の上にサルサをかければ出来上がり。好みで
パクチーを添えみては?

<作り方>

@大きめのボウルに強力粉と薄力粉を入れます。中央にくぼみを作り、
そこへドライイースト、その上に砂糖、少しはなしたところに塩を入れ、
サラダ油は回し入れます。
★ここがポイント! イースト菌は生き物なので発酵させるには熱が
必要です。そこで砂糖が登場。そうです、砂糖は発熱作用、そして塩は
クールダウンさせるものなのではなして入れます。


Aまずはぬるま湯を砂糖めがけて入れ、木べらなどで混ぜます。このとき
お湯は一気に入れないで、少しづつ加えながら生地の様子を見ます。

Bボウルの中でまとまってきたら打ち粉をした台へ出し、表面が滑らかに
なるまでよくこねます。滑らかになったらボウルに戻し霧を吹いてラップをし
暖かい場所で焼く1時間発酵させます。

C生地が倍以上に膨らんだらガス抜きをします。台に出し、ガスを抜いたら
スケッパーか包丁で2つに切り分け、丸めてラップをかけベンチタイム15分
そのまま休ませます。

D生地を8等分にします。麺棒で丸く伸ばして中央に具を入れて包み、また
そのまま20分ほど置いてから蒸し器に入れて10分強火で蒸せば出来上がり。

★具のオイスターチキンを作ります。
@鶏肉は茹でてスライス、春雨は戻してたべやすい長さに切り、ネギ、生姜は
みじん切り、シイタケ、タケノコはスライスしておきます。

A油を入れたフライパンを熱し、生姜を香りだ出るまで炒めます。そこへ残りの
食材を入れたらよく炒め、水と調味料を加えていきます。味を整えたら水溶き
片栗粉を入れてとろみを付けます。

<作り方>

@しょうゆとみりんを合わせてマグロを30分ほど漬け込みます。
あさつきは小口切り、ワンタンの皮は千切りにしておきます。

A分量のごはんを半分にわけ、半分にしょうがのしぼり汁としょうゆを
加えてよく混ぜ合わせます。


B少量の油を熱し、ワンタンの皮をカリッとするように揚げます。

Cフライパンに少量の油を敷き、マグロを表面だけこんがり焼きます。
最後にごま油を回しかけします。フライパンから上げ、適当な大きさに
切り分けます。このとき中がレアなら成功!

D皿に白いご飯とAのジンジャーライスを半分ずつ盛り付け、その
上に切り分けたマグロをのせ、その上にワンタンの皮、あさつきをトッピング
すれば出来上がり!

<作り方>

@エビは殻の背中に切れ目を入れて、背ワタを取り出し、塩少々ふりかけ
卵白、酒を入れてよく揉みこみ、さらに片栗粉も加えてよく混ぜ合わせ、
10分ほど置きます。にんにくと生姜、ネギはみじん切りにしておきます。

A170度に熱した油で@をエビの色が変わる程度、サッと揚げます。約2分。

B油を敷いたフライパンににんにくと生姜のみじん切りを入れ炒め、香りが出
てきたら豆板醤とケイジャンを入れて炒めます。

C水と中華ダシを加えて、残りの調味料も全て加えます。

Dグツグツしてきたらエビを加え、全体をしっかり絡めて出来上がりです。
千切りキャベツの上にのせて召し上がれ。

オアフ島マノアにあるマナプア・アイランドファクトリーはお勧めのB級グルメ。
ハワイ大学の近くにあるマノアモールにあります。肉まんにたいに蒸したのも
の他に焼いたベイクドマナプアやフライマナプアなどなど・・・
マナプアの他にも不思議な?スイーツも売ってます。中でも人気なのがこの
オイスターチキン。ご飯のおかずとしてもイケますよ。

<材料8個分>
強力粉・・・200g
薄力粉・・・100g
砂糖・・・40g
ドライイースト・・・8g
塩・・・5g
サラダ油・・・大さじ1
ぬるま湯・・・170〜200cc
具(オイスターチキン)
鶏胸肉・・・1枚
ネギ・・・2分の1本
生姜・・・10g
シイタケ・・・5個
タケノコ・・・2分の1
春雨・・・適量
オイスターソース・・・大さじ4
砂糖・・・小さじ1
塩コショウ・・・少々
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
中華スープの素・・・小さじ2
水・・・2分の1カップ
ごま油・・・小さじ1
水溶き片栗粉・・・大さじ2

マナプア

オパカパカはハワイ語で姫鯛のこと。白身ならなんでもOKです

オパカパカのリーフ蒸しwithサルサソース

なんだかすごくフォトジェニックな料理でしょ?でもすごく簡単なのでちょっとした
おもてなしにはピッタリです。バナナの葉は意外とお役立ちで蒸し物全般に使え
ます。また、焼くと緑が鮮やかになるのでお皿に敷いて、その上に料理をのせる
だけでもなんだかトロピカル〜

サルサは冷蔵庫で2週間くらいは持つので多めに
作ってタコチップをディップして食べても美味しいし、タコライスにもピッタリです。
辛さはハラペーニョで調節してね。

<材料2人分>
姫鯛または鯛・・・2切れ
たまねぎ・・・2分の1
酒・・・大さじ1
塩コショウ・・・少々
オリーブオイル・・・大さじ1
バナナリーフ・・・1枚
サルサ
トマト・・・4個
たまねぎ・・・2分の1
にんにく・・・3かけ
オリーブオイル・・・大さじ2
ケチャップ・・・大さじ1
塩コショウ・・・少々
砂糖・・・小さじ1
ハラペーニョ・・・適量

ジンジャーライスは別名ブラックライスとも言います

ピリッと辛いジンジャーライスは焼きおにぎりにしても美味しい!
私とジンジャーライスの出会いはアロハタワーのゴードンビアージュ。ビール好きなら
知っているはず、地ビール屋さんです。もう10年くらい前かな?そこのメニューに
ありました。すごくビールと合ったのでもう虜♪ その後メニューからは消えてしまった
けど、言うと作ってくれますよ〜

<材料2人分>
マグロの赤身・・・300g
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
ご飯・・・茶碗3杯分
しょうがのしぼり汁・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2
餃子またはワンタンの皮・・・10枚
あさつき・・・適量
ごま油・・・大さじ1

フライドポキ&ジンジャーライス

ハワイ・ノースショアのカフクという土地は海老の養殖で有名です。見渡す限り
エビちゃんのプールがあるんですよ。私はその近くで暮らしていたことがあります。
エビが欲しくなると養殖所に直接買いに行くんですが、もちろん生きたまま。
それを家に帰って自分でさばくのですが・・・最初は怖かった〜

ま、それはさておき。そのカフクにあるシュガーケーン(サトウキビ工場)跡に
このスパイシーシュリンプを食べさせてくれるシュリンプトラックがあります。
お昼時はローカルでいっぱい。観光客はあまりいないの。なぜって?
それはみんな手前のエビ屋さんに引っかかっちゃって、そこまで辿りつかないから。
そうそう、カフクには数件エビ屋さんがあって、目立つ場所に2軒立ち並んでいる
から、どうしてもそこに入ってしまうのです。
でも、もうちょっと我慢して先に進んでみて! 目指すはシュガーケーンです!
ここのがサイコー!!

<材料2人分>
エビ・・・400g
卵白・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
片栗粉・・・大さじ2
A
ネギ・・・2分の1本
にんにく・・・2個
しょうが・・・1かけ
豆板醤・・・小さじ1
ケイジャン・・・小さじ1
水・・・1カップ
中華ダシ・・・小さじ4
ケチャップ・・・大さじ3
砂糖・・・小さじ2
酢・・・小さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
塩コショウ・・・少々
揚げ用油・・・適量